第52回那覇大綱挽まつり2022、3年ぶりに開催!ビアフェスタはやるの?

第52回那覇大綱挽まつり2022、3年ぶりに開催!ビアフェスタはやるの?

こんにちは、マイマイです。

来たる、10月8日(土)、9日(日)に、3年ぶり開催の「第52回那覇大綱挽まつり2022」が開催します!

2020年、21年は連続で中止延期となっていましたが、今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、規模を縮小して開催いたします。

みなさん、待ちに待っていたんじゃないでしょうか!?

今回は、第52回那覇大綱挽まつりのイベント内容を紹介していきます。

第52回那覇大綱挽まつりの概要

日程2022年10月8日(土)、9日(日)
会場久茂地交差点(那覇市久茂地1丁目12)
参加費用無料
アクセスゆいレール「県庁前」下車
車で来られる方は、周辺駐車場すぐ埋まるから、バスやモノレールの公共交通機関を使った方がいいです
備考参加者制限あり
事前参加登録が必要(3200人まで)
登録フォーム:https://logoform.jp/form/swKR/132315

RBC市民フェスティバル(ビアフェスタ)

ビアフェスタは中止です。残念ですが、代替えイベントがあるので、楽しみましょう!

  • TSUNAフェス2022
  • オリオンビールpresents TSUNA BAR 2022 〜つながる!ツナバール〜
  • 沖縄県高等学校ダンス部コンペティション

TSUNAフェス2022

日時:2022年10月8日(土)、9日(日)
   12時〜19時

会場:那覇市ぶんかテンブス館前広場
   パレットくもじ交通前広場

那覇市ぶんかテンブス館前広場

green note coaster

10月8日(土)

12:00Aランチ生中継
13:30ウルトラマンデッカーショー
15:30那覇市観光PR
16:00ウルトラマンデッカーショー
18:00RBCiラジオスペシャルライブ
19:00終了

10月9日(日)

11:30旗頭行列
14:00市民演芸・伝統芸能ステージ
15:30大綱挽き Public Viewing
17:00green note coaster ライブ
18:00SYURI NO UTA ライブ
19:00終了

パレットくもじ交通前広場

10月8日(土)

14:00お笑いミニライブ&那覇わくわくクイズ大会
15:00那覇大綱挽まつり杯 沖縄県高等学校ダンス部コンペティション
18:00表彰式

オリオンビールpresents TSUNA BAR 2022 〜つながる!ツナバール〜

「飲んで!食べて!国際通りでハシゴ酒!」那覇大綱挽まつりの期間中、国際通り周辺の飲食店・75店舗で食べ飲み歩きができます!

日程10月7日(金)〜9日(日)
場所国際通り周辺の居酒屋店舗(75店舗)
チケット料金1冊、3000円(750円×4枚つづりチケット付き)
チケット内容チケット1枚で「特別メニュー(オススメ料理 + 1ドリンク付き)」
チケット販売場所那覇市ぶんかテンブス館前広場、パレットくもじ前交通広場 他
チケット販売期間10月7日(金)15:00~21:00
10月8日(土)12:00~21:00
10月9日(日)12:00~21:00

*感染症対策へのご協力のお願い

  • 必ずマスクを着用してご参加ください。
  • マスクを着用されていない方のご来店はお断りします。
  • 同一グループ・同一テーブル4人以内でお願いします。
  • ご利用は2時間以内でお願いします。
  • 37.5度以上の発熱がある場合は入店をお断りします。

沖縄県高等学校ダンス部コンペティション

日時10月8日(土)15時スタート
場所パレットくもじ交通前広場
参加資格高校ダンス部及び、ダンス部卒業生(2021年、22年卒業生)
エントリーフィー無料
申し込み締め切り10月5日(水)迄
申し込みフォームはこちらをクリック

那覇大綱挽の歴史

那覇大綱挽の発祥は1450年頃といわれ、琉球王朝の祝い事や、中国から来訪した冊封使(さっぽうし)歓待の際に特別に行われた国家的な催しであったと考えられています。古琉球の時代から400年以上の伝統を持つ大綱挽。戦前は那覇四町綱(なはゆまちじな)と呼ばれ、四つの町と周辺の町が西と東に分かれて綱を引いていました。現在も那覇市を東と西に分け、東は雄(男)綱、西は雌(女)綱を引く。

 現在は昼間に行われている那覇大綱挽ですが、昔はてーと呼ばれるかがり火を灯し、夜に行われていたそうです。今も旗頭の最上部は、とぅーるー(灯籠)といって灯りを入れられるように作られています。これはその名残なのだそうです。

たびらい

那覇大綱挽の見どころ

旗頭行列11:30から行われます。
東7旗、西7旗の計14の地域ごとに、伝統衣装に身にまとった団員が国際通りを練り歩きます。
見せ場:高さ7〜10メートル、重さ40〜60キロはある旗頭を男性が一人ずつ持ち上げるところ。
伝統行事14:30。国道58号線の久茂地交差点付近。
綱挽に向け、空手演舞、旗頭全旗一斉、綱寄せ、かぬちちじ
支度東西の綱の上に、琉球の歴史上の人物に扮した人が登場。
歴史上の英雄たちが、見栄を切って対決し、引き手の士気を高める。
南山王・他魯毎(たろみー)VS 中山王・尚巴志(しょうはし)
中城城主・護佐丸(ごさまる)VS 勝連城主・阿摩和利(あまわり)
綱挽16:30ごろから。
鉦子(しょうぐ。鐘のような打楽器)の音と共に始まり、
「ハーイヤ」のかけ声で約30分間勝敗を争います。

大綱飾られてます

那覇国際通りの真ん中にあるてんぶす那覇の裏には大綱の一部が飾られてます。

巨大なヘビが居眠りしているような感じに見えます。

上が剥がれてます。

最後に

3年ぶりの那覇大綱挽まつり、規模は縮小とはいえど、めっちゃ楽しみですね!

ビアフェスタも行われないが、それに代わるイベントもあるので、楽しめること間違いなし!

僕も日曜日のてんぶす前のイベントに行こうかと思っているので、見かけたら声かけてくださいな・・・なんてw